病気が治りやすい、病気になりにくい性格とは!?

誰もが健康で幸せでありたいと願うもの

今病気をお持ちの方、病気と闘っている方も大勢いらっしゃるでしょう。

皆さんは、どのようにしたら病気が治るだろうか

あるいは、どのようにしたら病気になりにくいだろう と考えたことはあるでしょうか。

その答えは、とてもシンプル。                                          病気治しや健康に生きる上で、必要不可欠なものは感動感謝です。

患者さんが診察室に入ってこられ、「調子はどうですか?」とお尋ねした時に、「お陰様で随分とよくなっています。」と答える患者さんと「変わりませんね。」と答える患者さん。    こちらから見ると余り変化がないように見えても、毎回「よくなっている」と答えている患者さんは、不思議と良くなっていきます。一方、開口一番「変わらない」と答える患者さんは、一進一退でなかなか思うように進みません。

もちろん、嘘をつく必要はないのですが、身体の6000兆個もの細胞を司っているのは、人の意識のエネルギーです。いつも「変わらない」という意識でいれば、細胞も「変わらない」という意識を記憶してしまいます。逆に、「良くなった」と意識すれば、細胞も「良くなった」と記憶し、そのように動いていきます。

ハンドヒーリング(エネルギー療法)の施術を行ったときに、その差ははっきりと分かれます。例えば、腰痛をお持ちの患者さんにヒーリングの施術をします。施術後、自覚症状の確認をして「あっ、腰の痛みが取れています!」とシンプルにその変化を認められる方は治りやすいタイプ。一方「う~ん、痛みはないような気がしますね。」と言葉を濁す方、さらに「太ももの裏が痛いですね。」と別の痛みを訴える方は、治りにくいタイプと言えるでしょう。

痛みが取れていないのに、無理やり「取れた!」という必要はありません。けれど、薬も使わずに痛みが緩和すること、そのことに感動と感謝を持てる心をお持ちであれば、病はスピーディに癒えていくでしょう。

皆さんのまわりを見渡してみてください。お年を召してらっしゃっても、病気知らずで元気に過ごしている方は、シンプルで明るく、感動感謝をお持ちはないでしょうか?『私もこんな風に年を重ねたい』と憧れる方ではないでしょうか。

良くないところ、足りないところに目を向けて落ち込んだり不安がったりするのではなく、良い変化・良いところに目を向けて、喜ぶこと、感謝すること、感動すること…これは、決して病気治しだけに限ったことではなく、人生を幸せに生きるコツでもあります。

皆さんは、どちらのタイプでしょうか?

健康で幸せ上手の生き方をしたいですね。

 

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                  

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・心療内科・内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院は予約制となっておりますので、事前にご予約のうえおこしください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする