アトピー性皮膚炎、根本からの改善を目指して

IMG_7173

アトピー性皮膚炎って、どんな病気?

アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする慢性の皮膚病です。一般的に、典型的な症状が、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くとアトピー性皮膚炎と診断します。

アトピー性皮膚炎の症状は?

アトピー性皮膚炎の症状としては、「かゆみがある」「特徴的な湿疹と分布」「繰り返す」という3つがあげられます。赤みのある湿疹、プツプツと盛り上がりのある湿疹、ジクジクと水分の多い湿疹、ゴツゴツしたしこりのような湿疹などがみられ、かくことによって皮膚が厚くゴワゴワした状態になったり、かさぶたができたりします。
また、湿疹ができやすい部位にも特徴があり、顔、耳や首回り、わきの下やひじの内側、ももの付け根、ひざの裏側などに多くみられます。

アトピー性皮膚炎の原因は?

アトピー性皮膚炎は、IgEを産生しやすいアトピー素因や皮膚のバリア機能の低下という遺伝的な素因を背景に、そこへ種々の悪化因子が加わって生じると考えられています。悪化因子は、患者さんお一人お一人で異なり、一人の患者さんであっても汗や過労、ストレスなど時期によってさまざまな要因が関与しています。

アトピー性皮膚炎の治療法は?

治療は、一般的に                                                       ①皮膚の炎症に対しては、ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬による抗炎症外用薬を主とする薬物療法                                                    ②保湿外用薬の使用や入浴、シャワー浴などのスキンケア                                ③患者さんにあわせて悪化因子への対策                               の3つの柱からなります。

かゆみに対して抗アレルギー薬を処方したり、重症例では免疫抑制剤を使用することもあります。

太陽の丘クリニックでは、どんな検査や治療法があるの?

アトピー性皮膚炎は、西洋医学的にはいわゆる「体質」で片づけられることがほとんどで、現時点では病気そのものを完全に治す薬物療法はありません。従って対症療法が治療の原則になります。

といっても、身体は一つに繋がっていますので、実際には自律神経や腸といった内臓の負担もアトピー性皮膚炎の発症や悪化に大きく関係しています。お子さんの場合、ご両親、特にお母さんのストレスやイライラが気づかない場合にお子さんに伝わり、影響を与えていることもあります。楽だからといって、間違った外用方法を続けていらっしゃることもあります。(外用薬と保湿剤を混ぜて使用しない!?

太陽の丘クリニックでは、問診・診察を十分におこない、病気の原因について探り、薬だけに頼るのではなく、患者さんの自然治癒力を高め、根本から改善させるアドバイスやお手伝いをしています。

当院では、ご希望があれば、受診をした日に血液検査によるアレルギー検査を行うことも可能です。画像や血液検査にまだ現れない体の負担、いわゆる未病を検査するAMSATも自分の健康状態を把握し、生活や健康を見直すのにとても有効です。

当院では、ステロイドの外用薬や保湿剤、抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)といった西洋医学的な治療のほか、漢方薬の処方やヒーリングの治療も行っています。

ヒーリング(エネルギー療法の一つ)は、患者さんの臓器の負担を軽減させるもので、実際、1週間に1回の定期的な施術を行う中で、数年来の皮膚症状から解放された患者さんもいらっしゃいます。アトピー性皮膚炎も、他の皮膚疾患と同様に患者さん本来が持っている自然治癒力が高まれば、より良くなっていく考えています。ヒーリングは、自然治癒力を高める治療法でもあり、副作用が一切ないので、どなたでも気軽に試せる方法でしょう。

アトピー性皮膚炎とストレス

皮膚の症状も、心と身体からのメッセージです。積み重なるストレスや、仕事で忙しく睡眠不足が続いたりして、身体が疲れた時に皮膚のバリア機能が低下して、症状が悪化することもよくあることです。太陽の丘クリニックでは、患者さんとの対話を大切にしており、原因となるストレスや心のあり方にも目を向けています。

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。    

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                  

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院は予約制となっておりますので、事前にご予約のうえおこしください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする