「限界」は思い込み

世の中には、慎重派と呼ばれる人々と、無鉄砲と呼ばれる人がいらっしゃいます。慎重な方々は、何事にもじっくり腰を据えて取り組み、新しいことをはじめる時にもかなりの時間を割いて、なるべくリスクの少ない、「安全で安心」な方法を選択しようとされます。その結果、少しでもダメージを被(こうむ)る危険性があれば、「これまで通りでやればいい。」という結論に達してしまう事が多いように感じています。

反対に、無鉄砲と呼ばれる方々は、「何でそんなこと、後先考えずにやっちゃうの?」というようなことでも、思い立ったが吉日とばかりに飛び込んでしまわれます。そのため、往々にして大失敗をすることもあるのですが、しばらくすると、かつての大失敗など全く意に返さず、それどころか何事もなかったように、またもや新しい事に「後先考えずに」飛び込んでしまわれます。

慎重な方々は、このような無鉄砲な方々をあきれた思いで見つめつつ、実は内心、少しばかりの羨ましさを、感じていたりもするものなのです。そして今の世の中では、この慎重な方々の方が、圧倒的に多いように感じているのです。

「どうしてあんなに真っ直ぐに、自分の進みたい方向に進んでゆくことができるのだろう・・・。将来とか、世間体とか、そんなことが気にはならないのだろうか・・・。自分にもそんな勇気が持てたらいいのに、でも無理だな。今の生活を捨てるのは、あまりにリスクが大きすぎる。」

本当にそうなのかなと、たまに思います。トップアスリートが、引退を決断するような事態ならともかく、普通に生活をしている方々が日常において「無理」を決めつけるのは、他ならない ”自分自身” 以外の何物でもないのではないでしょうか。その証拠が、無鉄砲と呼ばれる方々であり、彼らは自分自身に「無理」という限界を創っていないだけのように感じています。だから彼らは無茶をしても平気だし、そんな彼らを、他の人々は羨ましいと、羨望の眼で見つめる・・・。一生に一度ぐらい、「すごいな、羨ましいな。」と言われる選択をされると、気持ちよいかもしれませんね。

太陽の丘でおこなう「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」を学ぶ方々は、結構無鉄砲なタイプの方が多いように感じるのですが、長年関わってくると、その理由が手に取るように理解できます。皆さん、「やりたいと思ったからやることにした。」方々なのです。興味のある方は、ご一緒にいかがでしょうか?ご質問、ご相談は随時承ります。

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする