円形脱毛症でお悩みのあなたに…

IMG_20160313_084801

円形脱毛症は、皮膚科でよく診る疾患です。小型の脱毛斑が1~数個出現して、自然に治るものから、急に広がって広範囲に髪が抜けるものまで様々です。

円形脱毛症は                                
①通常型(円形の脱毛斑が単発もしくは多発するもの)

②全頭型
③汎発型(全身の毛が抜けるもの)                
④蛇行型(頭髪の生え際のみ脱毛するもの)

の4種類に分類されます。
①の通常型は、自然に改善することも多くあり、他のタイプは、治療に難渋することも少なくありません。

現代医学では、明らかな原因は解明されていませんが、アトピー性皮膚炎や甲状腺疾患、尋常性白斑、膠原病などを合併することがありますので、症状があれば一度皮膚科を受診されるとよいでしょう。


治療法には                                                ・ステロイド外用                                           ・グリチロン、セファランチンの内服                                   ・ステロイドの内服や点滴                                 ・局所免疫療法                                             などがあり場合によって、抗ヒスタミン薬も使用します。


西洋医学以外の治療法(代替医療)では、過去の論文でエネルギー療法や鍼灸などの改善例が報告されています。

 永野医院ホームページより引用                                 東方医学発表論文                                         難治性円形脱毛症の波動療法における生命エネルギー(気)の考察                 http://www.nagano-hosp.com/pulse/paper.html

永野先生の論文では円形脱毛症は、毛髪のエネルギー低下が大きく関与すると考え、エネルギー付与を試みたところ著効が得られた。波動エネルギーの付与が「病気」を「元気」な状態に戻し、いわゆる「自然治癒力の回復」に実効のあることが確認された。と結ばれています。

太陽の丘クリニックでは、漢方の処方や、ハンドヒーリングと呼ばれるエネルギー療法も取り入れています。ハンドヒーリングは、気の流れの滞りを解消させ、自然治癒力を高める治療法で、副作用が一切ありません。ご希望があった患者さんに診察の中で施術を行っています。

最後に…
円形脱毛症の多くは、精神的なストレスが関わっていますので、患者さんの心に目を向けることがとても大切です。海外のガイドラインでは、治療項目の一番に『無治療』という項目があげられています。その中では、カウンセリングの重要性が述べられており、無理な治療をせず、患者さんと向き合って精神的なサポートを重視する姿勢が取られています。
太陽の丘クリニックでは、薬の処方だけに終わらず、患者さんからしっかりとお話を聞くことで、病気の原因にアプローチし、根本から改善させる診療を行っています。
円形脱毛症でお困りの方がいらっしゃれば、ご相談ください。

 

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする