「インフルエンザ」と「インフル」

先週、先々週末には急な発熱の患者さんが沢山受診され、そのほとんどが「インフルエンザ」でしたが、今回の土日はそこまでではなく、ようやくインフルエンザも音ついたのかと思っていたのですが、実は1月19日付で福岡県がインフルエンザ警報を発表していました。まだまだこれからが、インフルエンザの本番なのでしょうか。

そのインフルエンザですが、高熱が出て身体が極端に「しんどい」というイメージがありますが、実はインフルエンザでも軽いものはかぜとの区別がつきにくいことがあります。特に高齢の方では、自覚症状が出にくい場合などもありますので、”なんとなく”体調の変化を感じらるようでしたら、早めの受診をお薦めします。

余談ですが、数年前からなぜかインフルエンザを「インフル」と略しておっしゃる方が激増しているように思われるのですが、気のせいでしょうか。何もそんなところで時間を節約しなくてもいいじゃないかと、「インフル」と誰かが言う度に妙な違和感を覚え、妙に気色の悪い思いにとらわれてしまい、人間が古臭いのか、世相がポップ過ぎるのか、どっちなんだろう・・・。などと考えていたのですが、最近の”コンビニ””スマホ”などに限らず、懐かしいところでは”赤チン””サラ金”など、どうも日本人は言葉を「略す」のが好きな民族のようです。それも、4文字程度に短縮するのはとても一般的に行われている、日本独特の文化ともいえそうです。「その言葉の持つ本来の意味を曲げない程度に、分かりやすく省略させる」というのは、簡単なようで意外とむつかしい事ではないかと思いますが、それをさらりとやってしまう点に、日本民族の精神性の高さを感じます。

やはり、言葉は「言霊」生き物なのだなと、感じます。クリニックで推奨している「エネルギー療法(ハンドヒーリング)」も、もっと広く一般に周知される頃には、『えねりょ』などと短縮されてしまうのかな?などと、ふと思ってしまいました。(いえいえ、いくら何でも「えねりょ」はちょっと・・・(苦笑)。)

ブログランキングに参加しています。                          応援クリックをお願いします。励みになります!

                

お問い合わせは、こちらから

太陽の丘クリニック

診療科目:皮膚科・内科・心療内科

療時時間:10時~12時 14時~18時

休診日:火曜日(土日・祝日も診療を行っております)

TEL:092-663-2100 (予約制)

当院はご予約がなくても受診をすることができますが、予約の患者様を優先しております。 当日でもご連絡いただければ空いている時間をご案内させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする